サバ折り 第二巻 椎名りく

×

動画の続きを見る

サバ折り 第二巻 椎名りく

女スパイ(秘密工作員)コードネームはチャイニーズエンジェル…。彼女は、ある独裁国に潜入していた。彼女の任務はその独裁者抹殺と、核爆弾のデータを盗み、同盟国に持ち帰ることだった。だが、もう少しで脱出する時に彼女は捕まってしまう。そして、核爆弾のデータを女スパイから取り返す為に、サバ折(ベアハッグ)責めをやりだすことに…。女スパイのぬめ白く柔らかい腹に食い込む、ごつごつした拷問官の腕…。絶叫を上げる女スパイ…。いつしか彼女のお腹に醜い痣が…。それでも口を割らない女スパイの腹をしつこくサバ折で苦しめる。やがて…。

動画の続きを見る